情報を提供しています。

解消を目指します。旭区でも待機児童ゼロを目指して、子育てに関する様々なサービスや

1552人から平成24年には179人にまで減少し、過去最少となりました。平成25年中の待機

これまで横浜市は保育所の整備を積極的に進めその結果、待機児童数は平成22年の

保育所待機児童の解消は最優先課題です。

安心して子育てのできる旭区に!

1
住みやすい社会に!
税金の無駄遣いに切り込みました。無駄な事業は廃止させ、民間に移譲できる事は任せ、

横浜の基幹産業「港湾」の活性化!
港の経済活動が進むことで、横浜市は国際都市へと大きく成長します。
東京港・川崎港と連携し、3港の議員連盟会長として全力で取り組みます。
市営地下鉄4号線を中山から二俣川へ延伸!
市営地下鉄4号線の延伸に向けて、政府に働きかけています。
寄与します。
相鉄・JR直通線は平成27年春に、また相鉄・東急直通線は平成31年春にそれぞれ開業予定です。
速達性の向上、JR東海道線などの既設路線の混雑緩和、乗入回数の減少、地域の活性化等に
これらの直通線の整備によって、広域鉄道ネットワークの形成と機能の高度化が図られるとともに、
「相鉄・JR・東急」直通線の推進!

市会・市民の意見を踏まえた厳正・適切な制度に見直すことを実現しました。

定年後に高額報酬を受け取る天下りを止めさせます。

典型的な天下りにストップ!

無駄事業は廃止する!
自民党市会議員団では、議会主導の事業仕訳を2回開催。市民参加という公の場で
市がやるべきでも改善し、健全な財政をしっかりと主張しています。
こうした現状を打破し、横浜市が日本の経済を牽引する役割を果たすために、私は新しい
大都市制度のあり方として「特別自治市」構想を提唱しています。
指摘されています。また税財源の配分の問題が横浜市の成長の足かせとなっています。
現在の政令指定都市制度においては、道府県と市が同じ仕事をする二重行政の弊害が
特別自治市の実現!
2
徹底的なムダの削減!

家族支援策を充実し、介護の質を向上させるため、諸施策を推進させています。

多くの高齢者施設を誘致し、きめ細やかな地域ケアシステムを確立。

高齢者介護、質の向上へ!


進めています、横浜の未来!
3
佐藤 茂の基本政策
事務所案内
リンク
政策・活動
プロフィール
トップ
今宿西地域ケアプラザ
事務所案内
リンク
政策・活動
プロフィール
トップ
横浜市会議員
佐藤茂
お問い合わせ/連絡先
佐藤茂事務所 241‐0021 横浜市旭区鶴ヶ峰本町1‐1‐6 第2吉原ビル2階
Tel: 045-954-0001  Fax: 045-954-0002
横浜市の無駄撲滅プロジェクト